ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 耕地林務課 > 安曇野市里山再生計画について

安曇野市里山再生計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

 安曇野市では、市内の里山が抱える課題を明らかにし、次世代につながる里山の再生を目指すために、平成27年度から平成31年度までの5年間を計画期間とする「安曇野市里山再生計画」を策定しました。

計画の必要性

 雄大な北アルプスを含めた緑豊かな森林は、安曇野市の総面積のおよそ3分の2にあたります。森林には、水源涵養機能や土砂災害の防止機能など私たちのくらしを豊かにする様々な機能があります。この森林のうち、人里近くに広がる里山は、かつて私たちが生活するために欠かせない自然環境であり、資源でありました。
 しかし、私たちの生活様式の変化などに伴い、里山を利用することが少なくなり、人の手が入らなくなった里山では、松くい虫被害や鳥獣被害など様々な問題が生じています。このような問題解決に向けて、安曇野市で生活を営む市民・森林所有者・事業者の皆さんに、私たちの暮らしを守り、豊かにしてくれる里山の再生に向けた取組を一緒に進めるため、「安曇野市里山再生計画」を策定しました。

計画策定の経緯

 安曇野市における里山の現状、課題等を明らかにし、里山の再生を目指した計画の検討をするため、15名の委員で構成された「安曇野市里山再生計画検討委員会」を設置しました。
本計画を策定するにあたり、里山に対する意識アンケートを実施し、市民と山林所有者の皆さんに意向を調査しました。また、委員会では、里山整備、普及啓発、環境保全の3つワーキンググループに分かれ、里山再生の具体的取組内容について検討しました。平成24年2月から平成27年1月までの間に、13回の検討委員会を実施し、計画を策定しました。計画書及び概要版は市ホームページからご覧いただけます。

計画の推進管理

 里山再生計画は具体的な行動計画として、5年間の計画期間の中で成果が求められます。そのため、「安曇野市里山再生計画推進協議会(仮称)」を設置し、計画の点検及び評価を行います。

里山再生サポーター

 「安曇野市里山再生計画」では、里山再生に向けた具体的な取組を実施するため、多くの皆さんに参加していただくことが必要です。そこで、計画の趣旨、取組を理解、ご協力いただける個人、森林所有者、事業者等の皆さんを「里山再生サポーター」として登録させていただき、登録された方には、具体的な取組活動の情報提供等を行い、興味のある活動に参加していただきます。
また、安曇野市内に森林を所有していて、里山再生計画の取組の場所(フィールド)として里山を提供していただける所有者の方もサポーターとして募集します。
申し込みについては、安曇野市里山再生サポーター登録申込書に必要事項を記入いただき、安曇野市 農林部 耕地林務課 林務担当まで提出ください。
登録申込書は、耕地林務課窓口及び市ホームページによりご覧ください。

ファイルダウンロード


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)