ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ごみ・環境 > 松くい虫対策 > 松くい虫被害対策薬剤空中散布の実施について

松くい虫被害対策薬剤空中散布の実施について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月24日更新

松くい虫被害防除対策薬剤空中散布を実施します

私たちの暮らしを守る大切な松林を「松くい虫」の被害から守るため、今年度も有人・無人ヘリによる薬剤の空中散布を実施します。(6月24日更新)

薬剤散布概要

有人ヘリコプターによる薬剤散布
散布日時

【実施日】
平成29年6月24日(土曜日)午前4時48分に終了しました。

【変更後散布予定日】 平成29年6月23日(金曜日)
 ※23日に順延していた薬剤散布は、濃霧のため散布日を再変更しました。

【当初散布予定日】 平成29年6月22日(木曜日)
※21日に予定していた埴科郡坂城町での薬剤散布が、天候不順により22日に順延されたため、当市での散布日を変更しました。(ヘリ1機により県内8市村で順に実施が予定されているため。)

散布地区明科地域 潮沢地区
(岩州公園付近)
使用薬剤エコワン3フロアブル(ネオニコチノイド系) 希釈倍数7.5倍
不快臭、刺激臭がありません。
通常の使用方法では、スギ、ヒノキ等の樹木や芝、野菜・果実等の農作物に薬害の心配はありません。
土壌や河川に落下しても早くに分解されますので環境に対する負荷が少ない薬剤です。


無人ヘリコプターによる薬剤散布

散布予定日時

1回目 平成29年6月22日(木曜日)  午前9時49分に終了しました。

2回目 平成29年7月21日(金曜日)  午前4時30分から正午頃
予定時刻は、気象条件等により変動します。

散布条件が悪い場合は、翌日以降に順延します。

散布地区豊科地域 大口沢地区
(豊科葬祭センター周辺と国道及び濁沢を挟んだ向かいの山)
使用薬剤マツグリーン液剤2(ネオニコチノイド系) 希釈倍数10倍

人や鳥獣等に安全性が高く、散布したほとんどが松の枝葉に付着し、大気中への飛散がほとんどありません。

ファイルダウンロード

 薬剤散布位置図など、詳細につきましてはこちらからダウンロードできます。

 健康への影響や症状のある方、その他お問い合わせにつきましては、農林部 耕地林務課 林務担当までご連絡ください。

安全対策及び事故防止

  1. 安全のため、散布日から1週間程度は散布区域に立ちいらないようにし、山菜の採取はしないでください。
  2. 安全確認のため、気中濃度調査と水質調査を実施します。

安全確認調査

昨年度実施した安全確認調査の結果は、こちらからダウンロードが可能です。

過去に実施した安全確認調査の結果は、こちらからダウンロードが可能です。

薬剤散布に伴う環境影響調査を実施しました。結果はこちらから閲覧・ダウンロードが可能です。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)