ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 計画・施策 > 行政・経営 > 電源立地地域対策交付金事業の概要

電源立地地域対策交付金事業の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月25日更新

電源立地地域対策交付金事業の概要

電源立地地域対策交付金とは

 発電用施設の立地地域や周辺地域で行われる公共施設の整備や、住民福祉の向 上に資する事業に対して国から交付されています。

安曇野市の発電用施設の状況

市内の対象施設は、以下のとおりです。

No.発電所名評価出力(Kw)
1生坂発電所21,000
2犀川発電所1,700
3中房第五発電所2,200
4中房第四発電所7,200
5宮城第二発電所470
6宮城第一発電所400
7宮城第三発電所720
8烏川第一発電所1,300
9烏川第二発電所1,200
10烏川第三発電所16,400
 52,590

交付事業の状況

 急速に少子高齢化が進行する中、安心して子どもを生み、育てやすい環境づくりのため、子育て世帯を支援していく必要性が高まっており、子育て世帯の育児機能の向上と子どもの健全育成に、本交付金が寄与しています。

実施年度

事業名交付金額
平成22年度保育所運営事業15,700,000円
平成23年度保育所運営事業13,832,000円
平成24年度保育所運営事業11,400,000円
平成25年度保育所運営事業11,271,000円
平成26年度保育所運営事業11,071,000円
平成27年度保育所運営事業10,824,000円

事業評価報告書


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)