ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

東條 たかし|安曇野ゆかりの先人たち

記事ID:0052048 印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

東條 たかしの写真

拡大表示

東條 たかし
とうじょう たかし

ワシントン靴専門店を開く。研成義塾に学ぶ。

生年月日 1888年(明治21)
没年月日 1970年(昭和45)
関連地域 穂高(東穂高)
職業・肩書 実業家
活躍年 昭和時代
ゆかりの分野 経済(経済)

 

経歴

穂高東穂高に生れました。研成義塾で3年間学び、1906年(明治39)、18歳で同級生の清沢巳末衛と渡米し、製材所、鉄道建設現場等に勤め、共同で食品雑貨の店を経営するに至りました。27歳で、松本市本郷出身の上条静と店を持って独立しました。その後、16年間、総合食料品店を経営しました。井口喜源治に励まされて努力を続け、恩師に感謝し、研成義塾のために送金しました。1929年(昭和4)の大恐慌を機に、蓄積した資金を持って帰国しました。在米中の資金を元手に、東京銀座に靴専門店を開き、全国各地に支店を持ちました。穂高有明橋爪に、ワシントン靴工場を設立しました。1970年(昭和45)に亡くなりました。

略歴譜

1888年(明治21) 0歳 穂高東穂高に生れる。
    研成義塾で3年間学ぶ。
1906年(明治39) 18歳 同級生の清沢巳末衛と渡米し、製材所、鉄道建設現場等に勤め、共同で食品雑貨の店を経営するに至る。
  27歳 松本市本郷出身の上条静と店を持って独立する。
    その後、16年間、総合食料品店を経営する。
    井口喜源治に励まされて努力を続け、恩師に感謝し、研成義塾のために送金する。
1930年(昭和5)   1929年(昭和4)の大恐慌を機に、翌年、蓄積した資金を持って帰国する。
    在米中の資金を元手に、東京銀座に靴専門店を開き、全国各地に支店を持つ。
    穂高有明橋爪に、ワシントン靴工場を設立する。
1970年(昭和45)   亡くなる。

参考文献

穂高町誌 穂高町誌編纂委員会/編 安曇野市立図書館

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?