ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 庁舎・施設案内 > 文化施設 > 安曇野市文書館 > 企画展「来た道 忘れ去られた感染症・銃後の守り 」 
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 情報公開 > 情報公開制度・個人情報保護制度 > 安曇野市文書館 > 企画展「来た道 忘れ去られた感染症・銃後の守り 」 

企画展「来た道 忘れ去られた感染症・銃後の守り 」 

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月21日更新

安曇野市制施行15周年記念展示 「来た道」 忘れ去られた感染症・銃後の守り 

大正時代

 

            期 間 : 5月17日(日曜日)から8月31日(月曜日)まで

            場 所 : 文書館 エントランスホール

 

 すべての子どもたちは、安全で安心した教育を受ける権利が保障されています。しかし、その道筋は厳しいものでした。

今から100年ほど前の大正7(1918)年秋から大正9(1920)年春にわたって世界中を震わせ、日本でも39万人(人口動態

統計)という死者を出したスペイン風邪がありました。堀金尋常小学校では全校児童の半数近くが欠席しています。

更にトラフォーム・赤痢・天然痘等、多くの感染症との闘いの歴史があります。

 戦前には「銃後の守り」とした国策が執られ、学校教育のなかにも戦争の足跡が確かなものとして刻まれてきました。

 昭和22(1947)年教育基本法が公布されました。その後、学校教育や学校保健、児童福祉に関わる法令が整備され、

現在に至っています。学校関係資料をもとにその歩みを追います。

 

陳列


 世界中で新型コロナウイルスが蔓延している今、非常事態に直面した先人たちはどのように歩んで来たか、

当時の記録を目する会となっています  

内容解説動画

 安曇野市文書館では新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、ご自宅でも企画展の内容をご覧いただける動画を作成しました。

ステンドグラス

このページを見ている人はこんなページも見ています