ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 安曇野市議会 > 市議会の役割

市議会の役割

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月28日更新

市議会とは

 市議会は、安曇野市がより住みやすいまちとなるよう、重要な市政運営の方針を決める役目をもっています。
  市政を進めるうえで重要な事項である市の条例の制定・改廃、また予算を定めたり一定額以上の契約や財産の取得・処分などは、市議会で審議された後、市議会の議決により決定します。
市議会で決定した意思に基づいて、市長は実際の仕事をします。このことから、議会は「議決機関」と呼ばれ、市は「執行機関」と呼ばれています。両者は、全く対等な立場に立ち、お互いを牽制(けんせい)しながら、市政発展のため活動していることから、車の両輪に例えられています。
また、国や県が管轄する事項は、市民の皆さんの生活にかかわることでも、市では解決できません。このような場合は、市議会は市民を代表して、国や県に対し意見書の提出や要望活動により解決を図っていきます。