ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 住まい・交通 > 住宅 > 安曇野市景観条例について

安曇野市景観条例について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月7日更新

安曇野市は、平成22年9月30日に安曇野市景観条例(以下「景観条例」)を公布し、同年11月1日に景観行政団体に移行しました。これに伴い、平成23年2月に景観法に基づく安曇野市景観計画(以下「景観計画」)を策定し、23年4月からその運用を開始しました。
 景観条例の施行に伴い、建築物や広告塔などの工作物の建築、外壁の塗り直しなどの外観の変更、土地の形質の変更などを行う場合には所定の手続が必要となります。

参考 条例・施行規則

安曇野市景観計画について

景観計画は、「山岳と田園の育むよさを大切にし、暮らしやすさをみんなで共有できるまち」を実現するために、景観づくりの視点から、市民、事業者、行政が協働で取り組むべき内容をとりまとめた計画です。景観計画は今後20年程度先を見据えたものであり、そのための計画目標年次は平成23年度から平成32年度までの10年間とします。ただし、5年を目安に見直しを行います。
 景観計画では、区域を定め、届出が必要となる行為の基準を示しています。また、届出の際に確認する項目の一部も記載されています。

安曇野市景観づくりガイドライン

景観条例には、市内で建築物や工作物をつくる場合や土地の形質変更の際の届出義務など、景観計画に示された景観づくりの基準への適合を確認するための手続きなどが定められています。
これらの基本的な手続きや遵守すべき基準に、よりよい景観づくりのための配慮事項などを付け加えた安曇野市景観づくりガイドライン(以下「ガイドライン」)を策定しましたので、参考にしてください。

住宅用パンフレットについて

景観に関する手続きの中で、住宅の建築に関する案件が多いことが予想されます。そこで、住宅建築に限定した内容についてパンフレットを作成しました。

手続きの流れ

手続きの流れについてはガイドラインの36ページに、提出の際必要な添付書類及び作成例については37ページから記載されていますので、そちらをご参照ください。届出書、添付書類などの書式については下記からダウンロードしてお使いください。なお、届出の際は原則として以下の図書を正本・副本の2部提出をお願いします。

提出書類
名称内容
(1)景観計画区域内における行為の届出書指定の届出様式
(2)位置図申請地が特定できる図面(1/2,500以上)
(3)配置図塀や車庫、付帯設備などの敷地内の外部構成と壁面後退距離を表示してください。(1/100以上)
(4)立面図(2面以上)彩色し、色彩はマンセル表色系で表示してください。
(5)現況写真(2方向以上)行為地から北アルプスの山並みや田園風景などの景観が望める場合は、周囲の良好な景観のなかに行為地を収めて撮影してください。
(6)チェックシート(住宅用)該当する箇所にチェックを入れてください。
(7)委任状任意様式

お問い合わせ先

景観に関する手続きは、行為の種類や景観計画に定められたエリアによってその内容が大きく異なる複雑なものです。また、「安曇野市の適正な土地利用に関する条例」と相互に関係してくる場合も多く考えられる上、建築確認申請にも影響を与える場合も考えられます。一連の手続きを滞りなく進めていただくためにも、事前に協議いただくことをお願いします。

担当部署

安曇野市役所 都市建設部 建築住宅課 建築景観係
電話:0263-71-2242 ファックス:0263-72-3569


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)