ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

小中学校の耐震診化について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

 本市では、児童生徒等の安全性を確保すると共に、地域防災の拠点としての責任を果たすため、市内17校の小中学校の内、耐震化工事が必要な5校の改修工事を平成23年度で完了しました。
 平成7年に施工された「建築物の耐震改修に関する法律(耐震改修促進法)」により、現行の耐震基準(平成56年度)以前に建築された建築物について、耐震診断及び耐震改修を実施することが求められました。本市においては、合併以前に7校の耐震化工事を終了していましたが、残りの施設について耐震診断を実施した結果、5施設に問題があることが判明しました。これらの施設について、計画的に耐震補強工事を進めて参りましたが、平成23年度を持って、すべての小中学校の耐震化工事を完了しました。

耐震改修実施状況
学校名施設名棟数完成年度
穂高北小学校管理棟・教室棟・体育館等2平成21年度
穂高東中学校教室棟1平成21年度
堀金中学校体育館1平成22年度
三郷小学校教室棟・体育館2平成22年度
豊科北小学校管理棟・教室棟・体育館等23平成23年度


豊科北小学校 耐震補強工事改修後

豊科北小学校 耐震補強工事改修後

耐震診断結果(平成17年度から平成18年度)                               単位:平方メートル
学校名建築年度区分診断対象 診断結果  
   棟数面積Is値0.3以下Is値0.3から0.7Is値0.7以上
穂高北小学校昭和44年度外管理棟・ 教室棟等6棟4,876   1棟       (1,617)  5棟       (3,259)
穂高北小学校昭和44年度外体育館棟2棟1,715  1棟       (738)   1棟       (977)
豊科北小学校昭和46年度渡廊下等7棟6576棟       (247)   1棟       (410)
豊科北小学校昭和46年度管理棟・ 教室棟等10棟5,8872棟        (681)  2棟       (2,663)  6棟       (2,543)
豊科北小学校昭和46年度体育館棟1棟1,193  1棟       (1,193)  
豊科北小学校昭和46年度渡廊下・ 外便所等12棟75112棟       (751)  
三郷小学校昭和53年度外教室棟1棟907   1棟       ((907) 
三郷小学校昭和54年度体育館棟1棟1,423   1棟       (1,423) 
穂高東中学校昭和42年度教室棟1棟312    1棟       (312)
堀金中学校昭和47年度体育館棟1棟1,533   1棟       (1,533) 


■Is値とは
・建物の耐震性能を判断するための数値(構造耐震指標)で、国土交通省では安全の目安としてIs値を0.6以上としています。
・Is値に対応する耐震性能を下記のように判断します。値が大きいほど耐震性能が高いことをあらわします。

Isの値耐震性能
0.3未満大地震時に倒壊・崩壊の危険性が高い
0.3以上0.6未満(注釈1)大地震時に倒壊・崩壊の危険性がある
0.6以上大地震時に倒壊・崩壊の危険性が低い

(注釈1:文部科学省では学校施設の耐震改修の目安として0.7以上としています。)