ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 交流事業 > 国際交流 > クラムザッハ(オーストリア共和国チロル州)
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 安曇野市のプロフィール > 安曇野市の概要 > クラムザッハ(オーストリア共和国チロル州)

クラムザッハ(オーストリア共和国チロル州)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月28日更新

クラムザッハとの交流経過

 クラムザッハとの交流は、旧豊科町が昭和60年にあづみ野ガラス工房を開設した頃、クラムザッハにヨーロッパで唯一の国立ガラス専門学校があることを紹介され、このガラス専門学校を視察したことが縁で始まりました。
 その後、相互の訪問団が行き来する中、平成元年6月に双方の友好会で友好協定を結び、平成5年11月25日には自治体同士で姉妹都市提携を締結しました。
 平成19年11月4日、安曇野市として姉妹都市提携を結び直し、相互訪問など民間レベルでも幅広い交流が行なわれています。

クラムザッハの紹介

〔クラムザッハ〕

 クラムザッハは、ウィーンから450キロメートル、ドイツ・ミュンヘンから130キロメートル、チロル州の州都インスブルックからは40キロメートルで、イン川の左岸に位置しています。
 美しく雄大なアルプスの山々とカウベルの音が谷間に響きわたる豊かな草原が広がり、家々の窓に見ることのできる色とりどりの花々と相まって、まるで絵のようなロマンチックな風景に出会うことができます。
 ラインタール湖の東岸には広大な自然の林野をそのまま敷地として、谷によって建築様式の異なるチロルの古民家を多数移築した野外博物館があり、ノスタルジックな雰囲気が広がっています。
 冬はスキー・スケート・クロスカントリー、夏はカヌー・ロッククライミング・ハイキング等のアウトドアレジャーが盛んで、年間30万人の方が休日を楽しみに訪れています。
 また、グラスや食器に丁寧に描かれるチロル地方独特の伝統ガラス工芸のまちとしても有名で、第二次世界大戦後、ドイツ系ガラス職人たちが来たことで更に発展しました。
 その後、オーストリアで唯一のガラス専門学校が設立され、日本からも何人かの学生が学び、豊科出身の卒業生もいます。

クラムザッハ位置図 [その他のファイル/684KB]

リンク

平成24年3月 クラムザッハ青年交流事業

役場訪問
クラムザッハ役場訪問

 安曇野市は今年初めてクラムザッハ青年交流事業の実施を行ないました。市内の10名の高校生が3月22日から29日までクラムザッハへ訪問し、文化や現地の皆さんとドイツ語や英語を使いながら楽しく交流をできました。

国立ガラス学校訪問 ・ 日本パピリオン訪問

国立ガラス学校
国立ガラス学校

日本パビリオン
日本パビリオン

ハイロープコース体験

準備中
準備中

体験中
体験中

青年交流会 ・ インスブルック訪問

カラオケやビリヤードで交流を深めました!
カラオケやビリヤードで交流を深めました!

市内見学
市内見学

アルプバッハ 訪問 ・ 答礼パーティー

とてもきれいな景色でした
とてもきれいな景色でした

素敵な演奏を披露してくれました
素敵な演奏を披露してくれました

国連訪問 ・ 皆で最後の食事

国連職員から説明を聞きました
国連職員から説明を聞きました

いよいよ帰国です
いよいよ帰国です


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)