ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

福祉医療費給付金

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月26日更新

安曇野市では、下記表に該当する方の医療費を軽減するために「福祉医療費給付事業」を実施しています。この事業に該当する方は、医療機関や薬局で支払った自己負担分(保険診療によるもの)を、後日、福祉医療費給付金として給付を受けられます。給付を受けるには受給資格認定を申請して受給者証の交付を受ける必要があります。

対象者

※以下、所得制限はありません。

安曇野市福祉医療費給付金対象者
区分対象者所得制限
乳幼児等中学校卒業までの方なし
障がい者身体障害者手帳1級から3級の方
療育手帳A1、A2、B1、B2の方
精神障害者保健福祉手帳1級の方(通院のみ)
精神障害者保健福祉手帳2級の方(自立支援医療(精神通院医療)分のみ)
65歳以上で一定以上の障がいがある方*1
(国民年金法施行令別表該当1・2級の方)
母子家庭等母子家庭の母*2
母子家庭の子*3
父母のいない児童等*3
父子家庭父子家庭の父*2
父子家庭の子*3

*1 障害年金1級、2級の方
   身体障害者手帳4級で音声、言語機能障害の方
   身体障害者手帳4級で両下肢のすべての指を欠く方
   身体障害者手帳4級で1下肢の下腿2分の1以上を欠く方
   身体障害者手帳4級で1下肢の機能障害の方
   精神障害者保健福祉手帳1級、2級の方
   労災保険1級から4級の方
*2 18歳未満の子、または18歳以上20歳未満で高校などに在学、在校中の子を扶養している方
*3 18歳未満の子、または18歳以上20歳未満で高校などに在学、在校中の子

手続き

本庁舎福祉部長寿社会課(1階13番窓口)、またはお近くの各支所地域担当にて手続きをお願いします。

必要なもの

保険証、振込先口座通帳、印鑑、転入者は最新の所得証明書、障がい者の方は障害者手帳

給付金の申請・支払い

  • 県内の医療機関にかかられた場合、保険証とともに受給者証をお見せください。自己負担額を支払ったことで、申請となります。
  • 県外の医療機関にかかられた場合、後日領収書(受診日、氏名、保険点数等がわかるもの)を添付し、給付金支給申請書を各支所市民福祉担当に提出してください。
  • 県内の医療機関で支払いがされた場合、早くて3ヶ月後に保険診療分の自己負担額から、1医療機関・ひと月あたり500円の受益者負担金、高額療養費、付加給付等を差引いた金額が振り込まれます。

*毎月第4水曜日(金融機関が休日の時は翌営業日)に振り込まれますので、記帳の上、ご確認ください。

申請の期限は、医療機関で受診した月から1年以内となります。受給者証の提示を忘れた方は、お早めに医療機関に連絡をお願いします。

貸付制度について

福祉医療費が支給されるまでの間、窓口での支払いの負担が難しい方に対して、一旦市が自己負担分を貸付け、後日福祉医療費の支給で相殺をする「福祉医療費貸付制度」があります。
利用できる方の条件等がありますので、詳しい制度内容は末尾担当までお問い合わせください。