ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
あづみのキッズページ
トップページ > あづみのキッズページ > 穂高クリーンセンター

穂高クリーンセンター

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月29日更新

ごみをもやすためのしせつ 「穂高(ほたか)クリーンセンター」

穂高クリーンセンターの大きなやくめは、ゴミをもやすことです。
皆さんがしゅるいごとに分けたゴミのうち、もえるゴミが集まり、もやされます。
このセンターでは、あづみの市のほか池田町(いけだまち)、松川村(まつかわむら)、生坂村(いくさかむら)、坂北村(さかきたむら)、麻績村(おみむら)から出るゴミをもやしています。

しせつのしくみ

しせつのしくみ

 

燃えないごみとかはどうなるの?

あづみの市で出るもえるごみは、穂高クリーンセンターでもやされます。
では、リサイクルするように分けたものや、もえないごみはどこへいくのでしょうか。

リサイクルされるもの

ペットボトル

ペットボトルはどう生まれかわる?


とかしてから、もう一度ペットボトルに生まれかわったり、たまごのパックやおかしのパックなどになったりします。また、とかしてから糸にされ、洋服などに生まれかわります。

ビン

ビンはどう生まれかわる?

 
きれいにあらって、また使われたり、とかして新しいビンに生まれかわります。また、細かくくだいて道路のざいりょうに生まれかわります。

カン

カンはどう生まれかわる?

とかして金ぞくのかたまりにされ、もう一度カンに生まれかわるほか、ビルをたてるざいりょうなどに生まれかわります。

紙はどう生まれかわるの?

ティッシュペーパーやトイレットペーパー、新聞紙、おかしなどのつつみ紙やジュースのパックなどに生まれかわります。

洋服

洋服はどう生まれかわるの?

きれいなものは古着(ふるぎ)として売られるほか、ウェスとよばれる工場用のぞうきんや、フェルトに生まれかわります。よごれがひどくリサイクルできないものなどは、もえるごみとして処理(しょり)されます。

魚や肉のトレイなど

魚や肉のトレイなどはどうなるの?

ふたたび食品用のトレイに生まれかわるほか、そのほかのプラスチックの品物に生まれかわります。本文ここまで 本文の先頭へ戻る 

ごみを減らそう!

ごみは、もやしたあとに灰(はい)が出ます。また、ごみのなかには、もやすこともリサイクルすることもできない物もあります。それらのごみや灰は、最終処分場(さいしゅうしょぶんじょう)という場所にうめられます。

うめる場所がいっぱいになったら、またべつの場所をさがさないといけません。なるべく長い間、最終処分場を使うためにも、リサイクルできるものはきちんと分ける、使えるものはなるべく長く使うなど、ごみを出さないようにくふうしましょう。