ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

特別障害者手当について

記事ID:0059243 更新日:2022年4月1日更新 印刷ページ表示

  ↵

対象者

精神または身体に著しく重度の障がいを有するため、日常生活において常時特別の介護を必要とする20歳以上の在宅の方

内容

  • 月額 27,300円 (令和4年4月1日現在)

支給制限

  • 所得が一定額を超える場合、支給されません。(下表参照)
  • 施設入所者や病院等へ3か月以上入院している場合は支給されません。
扶養親族等の数 本人所得額※1 配偶者・扶養義務者所得額※2
所得制限限度額表
0人 3,604,000円未満 6,287,000円
1人 3,984,000円 6,536,000円
2人 4,364,000円 6,749,000円
3人 4,744,000円 6,962,000円
4人 5,124,000円 7,175,000円
5人 5,504,000円 7,388,000円

※1 本人所得の限度額には、所得税法に規定する同一生計配偶者のうち、70歳以上の者、老人扶養親族がある場合は、1人につき上記金額に100,000円、特定扶養親族及び16歳以上19歳未満の扶養親族がある場合は、1人につき250,000円が加算されます。

※2 配偶者・扶養義務者所得の限度額には、扶養親族等の数が2人以上で扶養親族等に老人扶養親族がある場合は1人につき(当該老人扶養親族のほかに扶養親族等がいないときは、当該老人扶養親族のうち1人を除いた老人扶養親族1人につき)60,000円が加算されます。

※扶養親族等の人数は税法上の扶養人数です。

※表での扶養義務者とは、民法上の扶養義務者(直系血族及び兄弟姉妹)で、かつ、受給資格者の生計を現に維持している者(生計に要する費用の大半を負担している状態)です。

申請窓口

  • 障がい者支援課障がい福祉担当
  • 各支所(穂高・三郷・堀金・明科)地域担当

申込時に必要なもの

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?