ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 健康推進課 > 造血細胞移植後のワクチン再接種費用助成事業

造血細胞移植後のワクチン再接種費用助成事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月15日更新

事業内容

 小児がんなどの治療のための骨髄移植などにより、治療前に接種したワクチンの免疫が低下または消失することがあります。
 ワクチンの再接種が必要となった人の経済的負担を軽減するとともに感染症の発生およびまん延を予防するため、ワクチン再接種費用の補助金を交付します。

対象となる人

(1)小児がんなどの治療を目的とした造血細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植、さい帯血移植)によって、移植前に接種した定期の予防接種ワクチンによる免疫が消失した可能性が高く、医師が再接種を必要と認める人
(2)令和2年4月1日以降、ワクチンの再接種を受ける日および補助金申請時において20歳未満であり、市内に住所を有する人 

助成金額

医療機関に支払ったワクチン再接種費用の全額

◎対象となる予防接種 
 予防接種実施規則の規定するワクチン

申し込み方法

次の書類を市健康推進課(1階12番窓口)に提出してください。
◎再接種前に提出する書類
 ・市造血細胞移植後のワクチン再接種費用助成事業補助金交付申請書
 ・市造血細胞移植後のワクチン再接種費用助成事業補助金に関する主治医意見書
 ・母子手帳の写し

◎再接種後に提出する書類
 ・市造血細胞移植後のワクチン再接種費用助成事業補助金実績報告書
 ・ワクチン再接種費用の領収書

申請書類は同課で配布する他、ホームページからダウンロードできます。

このページを見ている人はこんなページも見ています