ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 障害者支援・生活支援 > 障がい者支援 その他 > 障害者総合支援法の対象となる難病等の範囲が拡大されました

本文

障害者総合支援法の対象となる難病等の範囲が拡大されました

記事ID:0000999 更新日:2016年3月1日更新 印刷ページ表示

障害者総合支援法の対象となる難病等の範囲が拡大されました 

 平成25年4月に施行された「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)」では、障害者の定義に新たに難病等を追加し障害者総合支援法の対象としてきました。

 平成30年4月1日から障害者総合支援法の対象となる難病等が、別紙のとおり358疾病から359疾病に拡大されました。
対象となる方々は、身体障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた障害福祉サービス等の利用が可能となります。詳しくは、下記リーフレットをご覧ください。

リーフレット [PDFファイル/1.26MB]

利用できるサービス

 障害福祉サービス(介護給付・訓練等給付)、補装具(車いすや歩行器などの購入・修理に必要な費用の支給)、日常生活用具給付など。なお、世帯の収入状況に応じて費用負担があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?