ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 長寿社会課 > 民生委員・児童委員、主任児童委員について

本文

民生委員・児童委員、主任児童委員について

記事ID:0072289 更新日:2021年3月22日更新 印刷ページ表示
 民生委員・児童委員は、民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱された非常勤の特別職の地方公務員です。全ての民生委員は児童福祉法によって児童委員も兼ねています。
 また、児童の問題を専門的に担当する民生委員・児童委員として、主任児童委員がいます。
 民生委員・児童委員は、担当する地域に暮らす身近な相談相手として、地域住民からの生活上の心配ごとや困りごとに応じ、市や関係機関とのつなぎ役として幅広い活動を行っています。
 主任児童委員は、小中学校や児童福祉関係機関などと連携しながら、児童福祉活動を行っています。

安曇野市の民生委員・児童委員、主任児童委員について

 安曇野市では、216人の民生委員・児童委員(うち、主任児童委員12人)が活動しています。
 活動範囲は、旧町村単位に各地区民生児童委員協議会があり、訪問活動以外にも毎月定例会を開催したり、研修を行ったりしています。

こんなときはご相談ください

 ・一人暮らし高齢者のため不安
 ・障がいをお持ちの方への支援が必要
 ・経済的に困っている
 ・妊娠中の心配ごとや子育ての不安がある
 ・どこに相談すればいいのか分からない など

秘密は守られます

 民生委員・児童委員には、民生委員法に基づく守秘義務があります。相談内容の秘密を守り、相談内容が他の人に伝わることはありません。安心してご相談ください。
 皆さんがお住まいの区域の担当委員にお気軽にご相談ください。担当区域の委員が不明な場合は、長寿社会課へお問い合わせください。

毎年5月12日は「民生委員・児童委員の日」です

 全国民生委員児童委員連合会では、毎年、5月12日を「民生委員・児童委員の日」としています。
また、この日からの1週間(5月12日から18日まで)を「活動強化週間」と定め、民生委員・児童委員制度やその役割を積極的にPRする期間としています。
 民生委員・児童委員、主任児童委員について、より多くの人びとに知ってもらえるよう、広報活動が展開されます。ぜひ、地域の取り組みに対してご理解とご協力をお願いいたします。

○ 民生委員・児童委員の日  5月12日
○ 活動強化週間       5月12日から18日まで

「民生委員・児童委員の日」とは

 民生委員制度は、大正6(1917)年、岡山県で創設された「済世顧問制度」を源としています。この済世顧問の設置に関する規程が交付されたのが同年5月12日であることから、この日を「民生委員・児童委員の日」としています。
 民生委員・児童委員について、より多くの人に知ってもらうこと、また民生委員・児童委員の意識を高めることを目的としています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?