ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > 健康・福祉・医療 > 高齢者福祉 > 安曇野市オレンジキャンペーンを実施しました
トップページ > 分類でさがす > 行政情報 > 計画・施策 > 福祉・保険・医療 > 安曇野市オレンジキャンペーンを実施しました

安曇野市オレンジキャンペーンを実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月5日更新

 2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるといわれており、認知症は他人事ではありません。
 市では、9月に、認知症になっても安心して暮らせるまちづくりを推進するため、広く市民の方が認知症を知るきっかけとなり、また、認知症に対する正しい理解につながることを目的として、安曇野市オレンジキャンペーンと題し、各種イベントを行いました。

 (1994年国際アルツハイマー病協会(ADI)は世界保健機関(WHO)と共同で、毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、認知症への理解を深める様々な活動を行っています。また、国内においても、ポスターやリーフレットを作成して、認知症への理解を呼び掛けています。)

 

シンボルカラー「オレンジ色」の由来

 シンボルカラーであるオレンジ(柿)色は、江戸時代に活躍した陶工・酒井田柿右衛門が夕日に映える柿の実の色からインスピレーション(ひらめき)を得て作り出した、赤絵磁器に由来します。
 この赤絵磁器は、ヨーロッパにも輸出され、高い評価を受けました。
 そこから、日本から世界に広く知れ渡ればという願いを込めて、日本ではオレンジ色が認知症のシンボルカラーとなりました。
 また、温かみのあるこの色は、「手助けします」という意味を持つといわれています。

 

安曇野市オレンジキャンペーン 実施イベント内容

図書館特設コーナー

 市内5つの図書館で、認知症に関する推薦図書の展示などを行いました。

内容

  • 認知症に関する推薦図書の展示
  • パンフレット等の設置
  • 認知症サポーターキャラバン(※) マスコット「ロバ隊長」のクラフト展示  など

   ※認知症サポーターについては「認知症への取り組み」のページをご覧ください。(クリックするとページが開きます。)

期間

 令和2年9月8日から令和2年9月22日

会場

  • 中央図書館 (穂高6765番地2 穂高交流学習センター「みらい」内)
  • 豊科図書館 (豊科5609番地3 豊科交流学習センター「きぼう」内)
  • 三郷図書館 (三郷明盛4810番地1 三郷交流学習センター「ゆりのき」内)
  • 堀金図書館 (堀金烏川2750番地1 堀金複合施設2階)
  • 明科図書館 (明科中川手6814番地1 子どもと大人の交流学習施設「ひまわり」内)

展示の様子

中央図書館オレンジキャンペーン      三郷図書館オレンジキャンペーン

堀金図書館オレンジキャンペーン      明科図書館オレンジキャンペーン

認知症に関するパネル展示

 認知症に関するパネル展示のほか、市内のオレンジカフェ(認知症カフェ)の紹介パネルの展示、認知症サポーターキャラバン マスコット「ロバ隊長」のクラフト展示などを行いました。

期間

 令和2年9月7日から令和2年9月18日

会場

 市役所本庁舎1階 東側ロビー

展示の様子

市役所ロビーオレンジキャンペーン      市役所ロビーオレンジキャンペーン2

 

本庁舎ライトアップ

 市役所本庁舎南面をライトアップしました。

期日

 令和2年9月16日(水曜日) 午後6時から午後8時

ライトアップの様子

オレンジキャンペーン画像1      オレンジキャンペーン画像2

オレンジキャンペーン画像3      オレンジキャペンーン画像4

広報あづみの特集「広げよう。オレンジの輪」

 広報あづみの317号(令和2年8月12日発行)では、「広げよう。オレンジの輪」と題し、認知症特集を行いました。
 特集では、認知症に関する情報のほか、認知症に関わる方のインタビューなどを掲載しています。

 → 広報あづみのはこちらからご覧いただけます。 (クリックするとページが開きます)

 

このページを見ている人はこんなページも見ています