ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

安曇野市荒廃農地解消事業

記事ID:0064818 更新日:2021年7月26日更新 印刷ページ表示

安曇野市荒廃農地解消事業

事業概要

荒廃農地をなくし健全な農地と景観を守るため、10アール(1,000平方メートル)あたり5万円の補助金を交付します。(1,000円未満切り捨て)

交付要件

(1)申請者が市内に住所を有する農業者である。

(2)申請年度内に荒廃農地の解消が見込まれる。

(3)解消後3年間の耕作を行う。

(4)該当農地の所有者ではない。(自分の農地の荒廃農地の解消は交付対象になりません)

(5)荒廃農地の解消着手前に申請。

(6)荒廃農地として認定されている。

(7)国や県の荒廃農地解消事業の対象とならない。

留意事項

(1)賃借権や利用権設定など荒廃農地の解消後に3年間の耕作を行う手段が必要になります。賃借権や利用権設定を必ず行う必要はありませんが、その場合農地の所有者との覚書など3年間の耕作を行うための確証が必要となります。

(2)事前に「荒廃農地の発生・解消に関する調査」や農業委員による荒廃農地の認定が必要となります。荒廃農地として認定されていない場合、認定されない場合(交付対象外)や認定まで時間がかかる場合があります。おおよその目安はトラクターや耕運機のみでの荒廃農地の解消が難しいかですが、認定の可否は調査員や農業委員の判断によります。

(3)市の予算で補助金を交付するため、時期によっては補助金の交付ができない場合があります。

申請手続き

詳細は安曇野市荒廃農地解消事業 [PDFファイル/132KB]をご確認ください。

荒廃農地解消事業手順

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?