ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・産業・ビジネス > 農林水産業 > 生産者向け情報 > 安曇野市における多面的機能支払取組状況

本文

安曇野市における多面的機能支払取組状況

記事ID:0062910 更新日:2020年6月12日更新 印刷ページ表示

 安曇野市では令和2年6月時点で「多面的機能支払交付金」事業に57組織が取組んでおり、取組面積の合計は約3,570haです。また、令和元年度においては合計約2億5千万円の交付金を各組織の農地面積等に応じて交付しました。

年度 豊科 穂高 三郷 堀金 明科 土地改良区 合計
年度別の活動組織数
R02 15 19 6 6 8 3 57
R01 15 19 6 6 7 3 56
H30 15 19 7 6 7 3 57
H29 15 17 6 6 7 3 54
H28 14 15 6 6 7 3 51
H27 13 14 6 6 7 2 48
H26 13 12 6 4 7 1 43
H25 13 11 6 3 7 0 40
H24 12 4 6 3 7 0 32
H23 8 2 1 2 1 0 14
H22 8 2 1 2 1 0 14
H21 8 2 1 2 1 0 14
H20 8 2 1 2 1 0 14
H19 7 2 1 2 1  0 13

平成19年度は13組織が取組んでいましたが、令和2年度では57組織が取組んでいます。

安曇野市で活動してる57組織の組織名と取組面積一覧表 及び 安曇野市全体の取組面積とカバー率の推移になります。

参考

安曇野市の組織や他市町村で活動する組織の取組内容や取組箇所を確認することができます。
また、組織が作成する書類の様式をダウンロードすることができます。
年に数回開催する多面的機能支払管理集落連携部会の研修会の内容を中心に紹介しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?