ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・文化・スポーツ > 学校・教育 > 小中学校 > 安曇野市コミュニティスクール(Acs)事業

本文

安曇野市コミュニティスクール(Acs)事業

記事ID:0035445 更新日:2022年4月14日更新 印刷ページ表示

安曇野市コミュニティスクール事業

安曇野市コミュニティスクール事業は学校と地域、家庭が一体となって地域ぐるみで子どもの学びと成長を支えることを目的としています。
「学校運営協議会」(地域とともにある学校づくり)と「地域学校協働活動」(学校を核とした地域づくり)を一体的に推進し、学校と地域が子どもたちのためにともに考え、ともに行動することで学校と地域のつながりの強化を図っていきます。

 

令和4年度安曇野市コミュニティスクール事業が変わります [PDFファイル/213KB]

 

学校運営協議会と地域学校協働活動

学校運営協議会と地域学校協働本部のイメージ図 [その他のファイル/172KB]

 

学校運営協議会の設置

 令和3年度まで中学校区ごとに設置していた地域教育協議会を廃止し、小中学校ごとに学校運営協議会を設置いたします。
 学校運営協議会は、保護者や地域住民が一定の権限と責任をもって学校運営に参加することで、育てたい子ども像、目指すべき教育のビジョンを共有し、目的の実現に向けて協働する「地域とともにある学校づくり」ための仕組みです。
 地域の住民の方、保護者、地域コーディネーターなどが委員となり、小中学校ごとに開催される学校運営協議会において学校の運営方針や教育活動、抱える課題等について協議を行い、地域目線での学校運営の改善、課題の解決を目指します。

【従来との違い】
 任意組織である地域教育協議会から法的に位置づけられた権限を持つ学校運営協議会に移行することで、学校運営の基本方針の承認や意見の申出など地域の方が学校の運営に対して強い影響力を持ちます。

学校運営協議会のご案内 [PDFファイル/332KB]

 

学校運営協議会の制度の詳細はこちらもご覧ください。

学校運営協議会について(文部科学省ホームページ)<外部リンク>

 

地域学校協働活動の充実

 学校と地域が連携・協働し、地域全体で子どもの成長を支え、ともに地域づくりを行う活動を地域学校協働活動といいます。
これまでの学校応援隊(学校支援ボランティア)を発展させ、「できるひとが、できるときに、できることを」を目標に関係機関との連携を強化し、地域と学校の協働活動の充実を図ります。
 また、より多くの方がより多くの活動に関わっていただくことにより、地域学校協働活動を通じた地域の方同士の学びあい、つながりづくり、生きがいづくりなど社会教育としての「学校を核とした地域づくり」の実現を目指します。

【従来との違い】
 学校が一方的に依頼していた学校の支援活動(サポート活動)から、なぜその活動をするのかといった目的を共有し、対等な立場で行う学校と地域が協働する活動(パートナー活動)を目指します。
また、より多くの方がより多くの活動に気軽に関わっていただけるよう幅広い地域ネットワークを持つ地域公民館や社会福祉協議会等の関係機関との情報共有の場を設けるなど連携の強化をします。

 

学校におけるボランティア活動(協働活動)について

●活動は無償です。 
より多くの方に気軽に参加いただき、学校と地域が対等な立場で自主的に活動するため、令和4年度からボランティア活動は無償となります。
  
ただし、活動に係る一部費用(ボランティアの方が使用する材料費、校外学習の付き添いの際の入館料等)については、学校より実費弁償相当額をお支払いいたします。必ず活動前に学校へ確認をいただくようお願いいたします。
(児童生徒・保護者が使用するものや備品などの学校が用意すべきもの、ボランティア活動以外にも使用するもの等は対象外です。)  

※放課後子ども教室(わいわいランド)、放課後学習室及び部活動指導に関することについては、保護者の就業支援及び教職員の働き方改革の側面から有償事業として継続実施をいたします。

●学校支援者保障制度に加入しています。
市では学校におけるボランティアの方のための保険(団体総合生活保障保険、施設賠償責任保険)に加入しております。
活動の際に事故や怪我が生じた場合は、速やかに活動した学校まで報告をいただくようお願いいたします。

 

地域学校協働活動の制度の詳細はこちらもご覧ください。
地域学校協働活動について(文部科学省ホームページ)<外部リンク>

 

学校ボランティア活動に参加してみませんか?

 学校ボランティア活動では、子どもの学習支援活動、校内の環境整備活動、安全見守り活動など、学校ごとに様々な活動をしています。
 地区回覧板による学校だより等でのボランティア募集のほか、市では学校ボランティア人材バンク登録カードによる登録を行っております。
 
 学校ボランティアへ参加を希望する方は、下記の学校ボランティア人材バンク登録カードを学校教育課又は活動を希望する学校へご提出ください。
 

【人材バンク登録カード】

学校ボランティア 人材バンク登録カード(個人用) [Wordファイル/24KB]

学校ボランティア 人材バンク登録カード(団体用) [Wordファイル/28KB]

登録いただいた情報は、各学校、地域学校協働活動推進員(地域コーディネーター)と共有をさせていただきます。
ご協力をお願いする場合は、各学校又は地域コーディネーターより連絡をいたします。

 ※学校の状況によって、登録をいただいても協力依頼の連絡がいかない場合もございますのでご了承ください。
 ※お申し出がない限り自動更新とさせていただきます。連絡先や住所等に変更があった場合や登録を取り下げる場合は、お手数ですが学校教育課までご連絡ください。

 

(学校ボランティア活動例)

 授業のサポート活動、読み聞かせ活動、通学時や校内での安全見守り活動、草取り・清掃活動、校内の消毒活動、クラブ活動の指導(折り紙、ハンドベル、囲碁、将棋、けん玉など)、校外活動の付き添い、稲づくりや農作物づくりの指導 など

 

地域学校協働活動推進員(地域コーディネーター)の配置

 社会教育法第9条の7第1項に基づき、地域学校協働活動に関する事項について、学校と地域の間の情報共有を図るとともに、地域学校協働活動を行う地域住民等に対する助言その他の援助を行うものとして地域コーディネーターを引き続き各小中学校に配置します。

 地域コーディネーターは学校と地域のつなぎ役として、地域学校協働活動の企画や連絡・調整、学校ボランティアの募集、活動の情報提供などを学校とともに行っています。

 

令和4年度地域学校協働活動推進員(地域コーディネーター)一覧 [PDFファイル/65KB]
 

地域学校協働活動推進員の詳細はこちらもご覧ください。
地域学校協働活動推進員(コーディネーター)の方(文部科学省ホームページ)<外部リンク>

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?