ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 予算・決算・財政 > 決算 > 地方消費税交付金(社会保障財源化分)及び入湯税の使途について

本文

地方消費税交付金(社会保障財源化分)及び入湯税の使途について

記事ID:0064899 更新日:2021年9月17日更新 印刷ページ表示

 地方消費税交付金(社会保障財源分)

 令和元年10月1日から消費税率が10%に引き上げられたことに伴い、地方消費税率も2.2%(軽減税率の場合は1.7%)に引き上げられました。平成26年の消費税率の引き上げからの地方消費税の増収分(社会保障財源化分)については、全て社会保障施策に要する経費に充てることとされています。

 当市における年度ごとの使途・充当状況は、以下PDFデータをご参照ください。

年度ごとの使途・充当状況

入湯税

 入湯税については、地方税法において収入の使途が定められている目的税です。目的税は、当該収入を充当する経費を特定し、通常、その経費の支出と何らかの関係(受益等)を有する者にその負担を求めるものであるため、税負担者に対する説明責任を果たす観点から、その使途を明らかにしています。

年度ごとの使途・充当状況

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?