ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > バーチャルミュージアム 民俗

本文

バーチャルミュージアム 民俗

記事ID:0068765 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

西に北アルプス、東には里山として利用された押野山・長峰山・光城山などの低山。

犀川をはじめ、高瀬川・穂高川・万水川など、市内を流れる大小の河川。

さらには、先人の築いた温堰・拾ケ堰・勘左衛門堰・矢原堰などの農業用水が、安曇野の田んぼの隅々まで潤しています。

古来から、安曇野に暮らした人々は、ゆたかな自然の恵みを利用して暮らしてきました。

ここでは、安曇野の人々の暮らしについて、知ることができます。

 

 

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

暮らしとまつり
人の一生
暮らしの知恵
昔々のお話
病いと災い
暮らしの道具
あづみ言葉
村の暮らし
未来へ伝えたい風景
家と暮らし