ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 戸籍・印鑑・税金 > 個人市・県民税(個人住民税) > 事業主の皆様へ 年末調整説明会および給与支払報告書提出について

本文

事業主の皆様へ 年末調整説明会および給与支払報告書提出について

記事ID:0065259 更新日:2021年3月15日更新 印刷ページ表示

令和2年分 税務署主催 年末調整説明会の開催中止について

 今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止及び参加される皆様の安全を考慮し、税務署主催の年末調整説明会につきましては、開催中止となりました。

 なお、例年会場で配布していた 税務署関連用紙(源泉所得税関係及び法定調書関係)については国税庁ホームページから入手をお願いします。ご不明な点につきましてはお近くの税務署へお問い合わせください。

 松本税務署電話番号:0263-32-2790

給与支払報告書の提出について

 前年中に支払った給与について、事業所は給与支払報告書を、給与の支払いを受けた受給者の1月1日現在の住所地の市区町村長に、1月31日までに提出することが法令により義務付けられています(地方税法第317条の6第1項)。また、退職者について、事業所は給与支払報告書を、退職時の住所地の市区町村長に、退職した年の翌年の1月31日までに提出しなければなりません(地方税法第317条の6第3項)。

 

提出先

 給与支払報告書は、給与受給者が1月1日現在(退職者は退職時)に住民登録している市区町村に提出してください。
 住民登録地と実際の居住地が異なる場合は、二重課税になるなどの問題が生じる可能性があるため、給与受給者の現住所の確認を確実にされますようお願いします。

 

提出期限

 毎年1月31日(1月31日が土曜日・日曜日の場合は2月の第1月曜日)が提出期限となっておりますが、円滑な事務処理のため、早めの提出にご協力をお願いします。

 ※提出期限を過ぎて提出された場合は、当初の市民税・県民税の税額決定通知に内容を反映できない場合があります。

 

提出についての注意点

給与等の受給者全員分を提出してください

  • パート、アルバイトや、給与支払額が2千万円を超える年末調整が不要な受給者の場合であっても、給与支払報告書の提出が必要です。
  • 専従者への給与(確定申告をしている場合も含む)や、源泉所得税がかからない場合であっても提出が必要です。(青色事業専従者給与の場合は摘要欄に「青専」、それ以外の人は「専給」と記載してください。)
  • 退職者で、給与支払金額が30万円未満の受給者については提出の省略が可能とされていますが、公平・適正な課税のために提出をお願いいたします。

 

記載誤りにご注意ください

  • 受給者氏名には必ずフリガナを記載し、受給者、被扶養者の個人番号(マイナンバー)を記載してください。
  • 個人番号(マイナンバー)について、受給者と被扶養者の番号が逆転して記載されていることがあります。必ずご確認ください。
  • 生年月日は必ず記載してください。
  • 住所欄には、1月1日現在の住所(退職者は退職時のもの)を記載してください。
  • 就職、退職している場合は、その年月日を記載してください。
  • 生命保険料控除がある場合は、生命保険料の金額の内訳欄には必ず支払額を記載してください。
  • 住宅借入金等特別控除がある場合は、記載漏れがないか記載内容の確認をしてください。
  • 前職分の給与等を合算している場合は、摘要欄に前職の支払者、給与支払額、社会保険料、源泉徴収税額、退職年月日を記載してください。
  • 専従者給与の場合は、青色専従者の場合は摘要欄に「青専」、それ以外の人は「専給」と記載してください。
  • 内容を訂正して再提出する場合は、摘要欄に「訂正」と大きく記載してください。
  • 給与支払報告書を紙で提出する場合は、印字はズレがないよう鮮明にしてください。

※毎年、多くの記載誤りがあり、市民税・県民税の課税額に影響する場合もありますので、記載誤りのないようご注意ください。また、受給者個人を特定するため、個人番号(マイナンバー)、氏名、フリガナ、生年月日、住所は重要な項目です。記載誤りにより、別の方に課税されてしまう場合もありますので、記載漏れや誤りのないよう特にご注意ください。内容の不備等により、個人を特定できない場合には、事業所にお返しすることがあります。

 

紙媒体、光ディスクで提出される場合

  • 紙媒体での提出にあたっては、総括表に提出人数等を記入のうえ、特別徴収分と普通徴収分をそれぞれ仕切り紙で分けて提出してください。
  • 普通徴収とする受給者がある場合には、普通徴収切替理由書の切替理由毎の人数を必ず記入して提出してください。なお、普通徴収切替理由書の提出がない場合や、給与支払報告書の摘要欄へ普通徴収該当理由の符号の記載がない場合は、対象者を確認できないため、原則、特別徴収となります。

 

総括表について

  • 安曇野市では、前年度に給与支払報告書を提出いただいた事業所様あてに、給与支払報告書関連書類を11月中に発送しています。年末調整を外部(会計事務所等)に依頼している場合は、書類一式を依頼先へお渡しください。
  • 安曇野市から送付した総括表以外の独自の様式を使用する場合は、安曇野市から送付した総括表もあわせてご提出ください。
  • 安曇野市から総括表が送付されていない事業所の場合は、以下の様式をダウンロードしご利用ください。

 

様式

 PDF形式
  ※PDFファイルを印刷する際は、印刷画面のページサイズ処理を「実際のサイズ」に設定し印刷してください。
  ※給与支払報告書(個人別明細書)については税務署にて配布されています。

 

 Excel形式

 

eLTAXで提出する場合

  •  eLTAX(エルタックス)で給与支払報告書を提出した後、所在地や送付先、名称に変更がある場合は、「特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書」を提出してください。(紙または電子で提出)
  • eLTAX(エルタックス)で給与支払報告書を提出する場合は、符号(普A~普F)のいずれに該当するかを摘要欄に入力するとともに、「普通徴収」欄にチェックをしてください。普通徴収切替理由書(兼仕切紙)の添付は不要です。
  • eLTAX(エルタックス)で給与支払報告書を提出する場合、新年度の税額通知の受け取り方法を、(1)電子(正本) (2)書面(正本) (3)書面(正本)+電子(副本)の3種類から選択することとなっています。詳しくは以下のリンクをご確認ください。
    特別徴収税額通知の電子化について:https://www.city.azumino.nagano.jp/soshiki/1000/47224.html

 

様式

 

eLTAX(エルタックス)の利用を推進しています

 給与支払報告書を紙で印刷をする必要がない、複数の市町村に分配して郵送する必要がない、無償のソフトウェアで簡単に給与支払報告書を作成できるなど、様々なメリットがありますので、ぜひご利用ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?