ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 子育て・文化・スポーツ > 芸術・文化 > 美術館・博物館・文書館・記念館 > 冊子『宝』シリーズ(明科、穂高、豊科の宝)

本文

冊子『宝』シリーズ(明科、穂高、豊科の宝)

記事ID:0064837 更新日:2022年4月19日更新 印刷ページ表示

文化課では、各地域の文化、歴史、自然、民俗などを紹介する、『○○の宝』シリーズを刊行しています。

「豊科の宝」を刊行しました

令和4年4月20日(水曜日)から、新刊『豊科の宝』を配布します。

配布場所

以下の各館受付で配布していますので、いずれかの場所で配布希望する旨をお申し出ください。

  • 豊科郷土博物館
  • 穂高郷土資料館
  • 貞享義民記念館
  • 飯沼飛行士記念館
  • 田淵行男記念館
  • 文書館
  • 豊科公民館
  • 穂高交流学習センター みらい
  • 豊科交流学習センター きぼう
  • 三郷交流学習センター ゆりのき
  • 明科交流学習施設 ひまわり

費用

無料

配布数

より多くの方へ行き渡るよう、1世帯1冊までの配布とさせていただきます。

その他

配布は予定していた数がなくなり次第終了となります。
また、郵送による配布はいたしませんのでご了承ください。


*現在、『明科』、『穂高』とも、冊子の一般配布分はすべて終了しています。また重版の予定はありません。

・いずれも安曇野市内の図書館で閲覧できます。
・当サイトでもPDF版を御覧いただくことができます。

『豊科の宝』

『豊科の宝』表紙
1 書籍名称 『豊科の宝』
2 編集・発行 安曇野市の歴史文化遺産の再発見事業実行委員会
3 内容(章立て)
  第1章 豊科をつくる自然
  第2章 掘り出された豊科の歴史
  第3章 中世・村のはじまり
  第4章 近世・発展の礎
  第5章 豊科に残る習俗と伝説
  第6章 豊科の近代化
  第7章 豊科の現在と未来
4 サイズ等 B5判縦 フルカラー183頁

『穂高の宝』

穂高の宝表紙
1 書籍名称 『穂高の宝』
2 編集・発行 安曇野市の歴史文化遺産の再発見事業実行委員会
3 内容(章立て)
  第1章 穂高をつくる自然
  第2章 掘り出された穂高の歴史
  第3章 中世―近世 様々な地域のすがた
  第4章 穂高を彩った人物
  第5章 戦争の時代をめぐって
  第6章 人々のくらし
  第7章 安曇野穂高への道のり
4 サイズ等 B5判縦 フルカラー180頁

『明科の宝』

書籍『明科の宝』表紙
1 書籍名称 『明科の宝』
2 編集・発行 安曇野市の歴史文化遺産の再発見事業実行委員会
3 内容(章立て)
  第1章 明科をつくる自然
  第2章 掘り出された明科の歴史
  第3章 明科の中世と近世を歩く
  第4章 発展する明科―近現代
  第5章 信仰と暮らし
  第6章 明科町そして安曇野市へ
4 サイズ等 B5判縦 フルカラー178頁

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?