ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療 > 医療・保険・衛生 > 予防接種 > 子育て支援情報サイト > 安曇野市任意予防接種費用支援事業のお知らせ

本文

安曇野市任意予防接種費用支援事業のお知らせ

記事ID:0094149 更新日:2022年10月25日更新 印刷ページ表示

 市では、お子さんと妊婦さんの疾病予防・重症化予防並びに経済的負担の軽減のため、任意で接種するインフルエンザ予防接種の費用の一部を支援します。

対象者

1 小児

 生後6か月から12歳(小学校6年生まで)の方で接種を希望する方。

2 妊婦

 接種期間内において妊娠中の方で接種を希望する方。

(妊娠届を提出し、母子健康手帳の交付を受けた方)

上記1、2の方でインフルエンザの任意予防接種を受けた日に安曇野市に住民登録のある方。

接種期間

令和4年10月1日から令和5年1月31日

支援費用

1 小児

 1回1,000円の支援券を1人2枚

2 妊婦

 1回2,000円の支援券を1人1枚

支援額を超えた分や予診のみで接種しなかった場合の費用は全額自己負担となります。

支援券発送時期

  • 支援券は9月下旬に対象者に発送しました。
  • 6か月未満の対象の方は6か月になる前月末頃に発送予定です。

利用方法

  • 支援券が届きましたら、実施医療機関(支援券の通知に実施医療機関一覧が同封されます。)に予約してください。
  • 接種当日は、支援券、母子健康手帳、(保険証)を持参してください。
  • 接種後に医療機関窓口で、支援額を超えた分の予防接種費用をお支払いください。

実施医療機関一覧

 令和4年度 任意予防接種実施医療機関一覧(小児) [PDFファイル/357KB]

   令和4年度 任意予防接種実施医療機関一覧(妊婦) [PDFファイル/278KB]

注意事項

  • お子さんと妊婦さんのインフルエンザ予防接種は任意接種です。予防接種の効果及び副反応等についてご理解いただき、ご本人及び保護者の意思に基づき、接種を判断してください。
  • 接種による健康被害は生じたときは、医薬品副作用被害救済制度の範囲における補償の対象となります。
  • 支援券を持参せずに接種した場合は全額自己負担となります。
  • 上記の接種期間を過ぎた場合は支援券は使えません。
  • 支援券を紛失・破損した場合は再発行の届け出が必要です。市役所健康推進課健康推進担当までご連絡下さい。
  • 新型コロナウイルスワクチンの接種前後に別のワクチン接種する場合は、2週間の間隔をおくこととされています。

その他

償還払いについて

 実施医療機関以外で接種を受ける場合は、償還払い(一旦、自費で全額を医療機関に支払い、接種終了後に安曇野市に申請して払い戻しを受けること。)をいたします。次の1から3の書類を健康推進課までご提出ください。

  1. 様式第4号(第9条関係)安曇野市任意予防接種支援償還払い申請書 [PDFファイル/69KB]
  2. 未使用の安曇野市任意予防接種支援券
  3. 領収書

生活保護を受けられている方へ

 自己負担分を給付いたします。接種後に、以下の1から3の書類を健康推進課に提出してください。

  1. 様式第3号(第8条関係)安曇野市任意予防接種支援申請書兼請求書 [PDFファイル/76KB]
  2. 安曇野市任意予防接種支援券の控え ※実施医療機関以外で接種を受けた場合は未使用の安曇野市任意予防接種支援券
  3. 領収書

再交付を受ける場合

 安曇野市任意予防接種支援券を紛失した場合は、安曇野市任意予防接種再交付申請書を健康推進課まで提出してください。
再交付の際は、ご本人確認をさせていただきます。健康推進課に来庁される場合は、窓口にて本人確認書類をご提示ください。郵送にて申請される場合は、申請書と本人確認書類の写しを同封しお送りください。

  様式第5号(第12条関係)安曇野市任意予防接種支援券再交付申請書 [PDFファイル/69KB]​

 

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

皆さまのご意見を
お聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?