ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし > ごみ・環境 > 動物・ペット > 引越しに関する手続き > 犬を飼われている皆さんへ=手続きのご案内=

犬を飼われている皆さんへ=手続きのご案内=

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月28日更新

犬の登録と狂犬病予防

生後91日を経過した犬は、生涯に1度の登録と年1回の狂犬病予防注射の接種が狂犬病予防法で義務付けられています。
室内犬であっても、登録と予防注射の接種は必ず実施してください。
登録は、印章(認印可)をお持ちの上、下記窓口でお手続きください。

  • お手続きの窓口 本庁舎 環境課 環境保全担当、各支所 地域課 地域担当
  • 登録手数料 3,000円

狂犬病予防注射

市では、毎年4・6・10月の年3回、市内各地に会場を設けて犬の登録と狂犬病予防集合注射を行っています。
詳しい日程は、市広報とハガキなどでお知らせします。
その際、1匹あたり以下の料金および手数料がかかります。

  • 予防注射料金および手数料 3,500円(内訳:注射料金 2,950円、注射済票手数料 550円)

※訪問注射や動物病院で注射を受ける場合は、改めて料金が必要です。
※治療中または健康状態が不安な犬は、最寄りの動物病院でご相談ください。

その他 手続きが必要な場合

下記の場合は、印章(認印可)をお持ちの上お手続きください。

  • お手続きの窓口 各支所 地域課 地域担当

1.飼い主が変わった場合

新しい飼い主が登録事項の変更を届け出てください。

2.転入してきた場合

犬の鑑札等を添えて、住所変更の手続きをしてください。

3.転出した場合

新住所地の市町村での手続きが必要になります。

4.犬が死亡した場合

犬の鑑札等を添えて、死亡を届け出てください。

マナーを守って適正な飼育を

楽しい散歩の時間も周囲への配慮を忘れずに

  1. 犬を放すのは危険です。必ずつなぎましょう。
  2. フンは必ず自宅に持ち帰り、可燃ゴミで処理しましょう。他人の敷地でフン尿をさせたり、川や水路に流したりしてはいけません。
  3. 万一の場合に備え、首輪に鑑札・狂犬病予防注射済票・迷子札などを必ずつけましょう。

鳴き声も近隣トラブルの元に

鳴き続ける犬の声は、多くの人に不快感を与えます。犬の特性を理解し、それぞれにあったしつけを行いましょう。

愛情と責任を持って

ペットが原因となり、思わぬトラブルにつながることもあります。飼い主が責任を持ち、他人に迷惑を掛けないように注意しましょう。
人と動物が気持ちよく暮らせる市になるようご理解とご協力をお願いします。

犬を保護した、飼い犬が放れた場合はご連絡を

こんな場合は、至急、環境課環境保全担当および松本保健福祉事務所食品・生活衛生課(電話:0263-40-1943)へ連絡してください。

迷い犬などの情報(松本保健福祉事務所)<外部リンク><外部リンク>

手続き窓口

本庁舎 環境課 環境保全担当(2階5番窓口)
電話:0263-71-2491 ファックス:0263-72-3176

各支所 地域課 地域担当

  • 穂高支所 電話:0263-82-3131 ファックス:0263-82-6622
  • 三郷支所 電話:0263-77-3111 ファックス:0263-77-6060
  • 堀金支所 電話:0263-72-3106 ファックス:0263-72-4900
  • 明科支所 電話:0263-62-3001 ファックス:0263-62-4747