ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

妊婦一般健康診査受診票の発行

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

概要

妊婦健康診査について

 妊娠するとお母さんの体には色々な変化が起こり、おなかにいる赤ちゃんは日々発育します。妊婦健康診査とは、妊娠中のお母さんの健康状態や赤ちゃんの発育状態などを定期的に観察する大切な健診です。安心して安全に出産を迎えられるようにするために、健診は必ず受けましょう。

妊婦一般健康診査受診票について

 安曇野市では、妊婦の方が安心して安全に出産を迎えられるよう、14回の妊婦健康診査費用の一部を助成します。(医療機関によっては、追加の費用が必要な場合があります。)
 公費助成を受けて健診を受診する際は、窓口で交付する受診票(14枚の基本健診受診票、4種類(5枚)の追加検査受診票、4枚の超音波検査受診票)を医療機関の窓口にお出しください。
 なお、追加検査受診票及び超音波検査受診票については、医師の判断により実施時期を決定しますので、医師の指示によりお使いください。
 受診票は、金券ではありません。使用しなかった受診票、他人の受診票などは使用できません。また、受診者の状況により、受診票に記載された検査内容と異なる検査を実施する場合もありますので、健診内容について不明な点は医師にご確認ください。

手続き

 母子健康手帳発行時に、一緒に交付します。

 妊娠が確定したら、穂高健康支援センターまたは本庁12番窓口(健康推進課)で妊娠の届出をしてください。

  • 安曇野市へ転入された方、里帰り出産等により県外の医療機関での受診を希望する方はお申し出ください。

県外の医療機関等で妊婦一般健康診査を受診する場合について

  • 安曇野市から転出された場合、安曇野市の受診票は使用できません。転出先の市町村へお問い合わせください。

交付窓口